FC2ブログ

新 WPS Writer 004

前回に続き、インデント

 字 下 げ
 202003280009.png
前回と同じ範囲ですが、ここには、2つの段落があります
202003310001.png

 この2段落を 範囲選択した状態で
 「字下げ」に マウスポインタを 合わせ
 右へ ドラッグ
202003310002.png 
   
 選択した各段落の、
 1行目のみの 左端の位置が 変わります
 1行目のみで、2行目以降の 左端の位置は そのままです
202003310003.png
 今回は、わかりやすいように、4文字分ほど移動しましたが
 実用で使うのは、1文字分ですね
 子どもの頃に、教えられた
 「文章の始まりは1文字分下げましょう
 これが、先頭に スペースを入力しなくても
 すべての文章を入力後、1文字分の字下げを行える

 次は、ぶ ら 下 げ
 202003280011.png
 同様に、
 2段落を 範囲選択した状態で
 「ぶら下げ」に マウスポインタを合わせ
  右に向かって ドラッグ 
 202003310004.png
 ※ この時、ぶら下げと 一緒に、
   左インデント(四角形のマーカー)も 一緒にくっついてきますが、これについては気にしない

 選択した各段落の、2行目以降の左端の位置が変わりました
 2行目位以降だけが 変わっている
 1行目の 左端の位置は そのままです
202003310005.png

 このように、
 ぶら下げは、2行目以降のためのインデント
 そうです、
 ただの「2行目」ではなく、「2行目以降」のためのインデント

ぶら下げ実用例
 下の図のような、3段落を範囲選択します
 
202003310006.png
 この3段落を範囲選択した状態で
 「ぶら下げ」に マウスポインタを合わせ
 右に向かって
 各段落の2行目以降の左端が、
 下の図のように、「内容」が始まる位置と同じになるようドラッグ
202003310007.png

 各段落の 2行目以降の 左端を 動かすことで、
 「内容」の位置が 揃ったため、非常に見やすくなりました
202003310008.png


 この3段落を範囲選択した状態で、
 「左インデント」に マウスポインタを合わせ
 右に向かって ドラッグします
202003310009.png

 左インデント を 動かすことで
 字下げインデント ぶら下げインデント が 一緒に動きました

202003310010.png

左インデントは
 「選択した段落の左端の位置を変更する機能」なわけですが
その際に
 字下げインデント と ぶら下げインデント の 間隔を保ったまま
 両方のインデント を 一気に動かすことが できます

.
スポンサーサイト



 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://cheflapin.blog.fc2.com/tb.php/584-727660f0