FC2ブログ

TEXTJOIN 関数の使い方 ちょっと複雑

TEXTJOIN 関数の便利?な 使い方

このような表があった場合

 201905170001.png

例えば、「経済学部」 の 人の名前だけを
  1つのセルに、抜き出す
  横に一覧表を作成する

 201905170002.png

結論から
 F2 セルに、以下の数式
 {=TEXTJOIN("、",TRUE,IF($C$2:$C$15=E2,$B$2:$B$15,""))}
 下へ、オートフィル

 201905170003.png

 区切り文字が、「、」
 空白の場合は、連結の対象としない・・・ TRUE
 C2:C15 = 学部名が、
 E2 = 経済学部 の場合 
 B2:B15 = スタッフ
 違う場合は、空欄
作成した関数が
 =TEXTJOIN("、",TRUE,IF($C$2:$C$15=E2,$B$2:$B$15,""))

なのですが、

IF 関数の内容が、配列 なので、
数式を 有効にするため
[Ctrl]+[Shift]+[Enter]キーの同時押し


その結果、前後に 【 { 】 ・ 【 } 】 が付き
 {=TEXTJOIN("、",TRUE,IF($C$2:$C$15=E2,$B$2:$B$15,""))}
 配列数式 と なる

これも TEXTJOIN 関数 だから 可能になった
 * 空欄を無視して、結合できる
 * セル範囲で、結合するセルを選択できる

スポンサーサイト



 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://cheflapin.blog.fc2.com/tb.php/566-9a67e2c9