FC2ブログ

WPS Office 関数の説明 VLOOKUP

表または配列の左端列を検索し
指定された行と同じ行にある値を返します。
(データは昇順で並べ替えておく必要があります)

検索/参照関数
機能概要
データ検索やセル参照などの操作ができます。
VLOOKUP(検査値,データシート,列の順序番号,[検索の型])

検査値
 一番左の列で検索する値、テキスト、
 またはセル参照を指定します。
データシート
 検索するデータが含まれるデータ列を
 セル範囲の名前またはセル範囲の参照で指定します。
列の順序番号
 「検索値」が含まれる列番号を数値
 またはセル参照で指定します
 「列の順序番号」に
 「1」を指定する場合は、
  指定した範囲の一番左の列の値が返され
 「2」を指定する場合は、
  一番左からの二番目の列の値が返されます
検索の型
 論理値で指定します。
 TRUE(または省略される)
  近似値が検索されて返されます。
  「検索値」が見つからない場合は、
  検索値未満の最も大きい値が返されます。
 FALSE
  「検索値」と完全に一致する値が検索されて返されます。
  「検索値」が見つからない場合は、
  エラー値「#N/A」が返されます。
解説

「検索の型」が 「 TRUE 」の場合は、
 「データシート」の左端にあるデータ
 必ず.....-2,-1,0,1,2.....A-Z,FALSE,TRUEのように
 昇順 で 配置される必要になります。
 そうでない場合は、エラー値 「 #N/A 」 が 返されます。

テキストの大文字と小文字は区別されません。

「検索の型」に 「 FALSE 」 を指定し、
 「検索値」が見つからない場合は、
 エラー値 「 #N/A 」 が 返されます。
 指定した列番号が 「1」より小さい場合、
 または指定した範囲の列数より大きい場合は
 エラー値が返されます。
 「検索値」が 左端の列に含まれていない場合、
 または 「検索の型」に 「FALSE」を指定し、
 完全に一致する値が存在しない場合は、
 エラー値 「 #N/A 」 が 返されます。
  201810270010.png
参考

TRUE  の 実体は 1
FALSE の 実体は 0


.
スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://cheflapin.blog.fc2.com/tb.php/501-e4841a9a