FC2ブログ

複数の関数を組み合わせて使う 2 IF+VLOOKUP

今回は、
 ネストの関数を最初から作るケース


セルD8に IF関数とVLOOKUP関数を使った数式を作成する

まずは、確認
 D列で求めるのは、「単価」
 「単価」は、一覧表の3列目にある


1.セルD8をクリック
2. fx (関数の挿入)をクリック
3.IFを選択 [OK]クリック
4.「論理式」欄に、「B8=””」と入力する
5.「真の場合」欄に、「””」と入力する

  201507160011.png

6.「偽の場合」欄をクリック
  
「数式バー」の左側にある「関数ボックス」右端にある▼をクリックする

  201507160012.png

7.一覧に「VLOOKUP」があれば、クリックする

  201507160013.png

 ※ 無かった場合は、一番下の「その他の関数」をクリック
   [関数の挿入]画面が表示されるので
   「関数の分類」:「検索と参照」で選択する

8.[関数の引数]画面が、「VLOOKUP」に変化する
  「検査値」欄に、カーソルがあることを確認
  セルB8をクリックする


  201507160014.png

9.「データ範囲」欄 右端にある 201507160016.png をクリックする

  201507160015.png

10.セル範囲H8:J19をドラッグ選択する

  201507160017.png

11.[関数の引数]右端の 201507160018.png をクリックする

  201507160019.png

12.「データ範囲」にカーソルがあることを確認し、[F4]キーを押す
  H8:J19 が、$H$8:$J$19 に 変化します


  201507160020.png

13.「列番号」 欄に、「3」と入力
  「検索方法」欄に、「0」を入力
  [OK]クリック

  

  201507160021.png
  ※ 関数の場合は、TRUE→1 FALSE→0 で、代用できる
    正式ではない ですが、一般的に使われる裏ワザです

14.D15までオートフィルする

  201507160022.png

製品IDを選択してみる
 セルB9 は、H99A10 ・ セルB10に、H99A21

  201507160023.png

「数量」を入力する
 セルE8 に、30 ・セルE9 に、25 ・ セルE10に、75

  201507160024.png

とりあえず 今回の「関数」は、ここまで
次回からは、「データベースについて」の予定です


スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://cheflapin.blog.fc2.com/tb.php/437-9e607500