FC2ブログ

複数の関数を組み合わせて使う  If+VLOOKUP

関数の引数の中で、さらに関数を指定されていることを
「関数のネスト」といいます
 ※ Kingsoft Spreadsheets 2013では、ネスト出来るレベルは7までです
 ※ Microsoft Excel 2013 では、64レベル


数式が空白セルを参照する可能性がある
など
計算結果にエラー値が表示されることがある場合
IF関数とVLOOKUP関数を組み合わせて
エラー表示を回避します


セルC8に入力されている関数を
エラー値#N/Aが表示されないように
数式を変更する


1.セルC8をクリック
2.数式バーで、以下の部分を選択する
  VLOOKUP(B8,$H$8:$J$19,2,FALSE)

  ※ 「=」は、含めない

  201507160001.png

3.右クリック 「切り取り」をクリック

  201507160002.png

4. fx (関数の挿入)をクリック

  201507160003.png

5.IFを選択 [OK]クリック

  201507160004.png

6.「論理式」欄に、「B8=””」と入力する

  201507160005.png

7.「真の場合」欄に、「””」と入力する

  201507160006.png

8.「偽の場合」欄で、「貼り付け」を行う

  201507160007.png

9.[OK]をクリック

  201507160008.png

10.セルC15までオートフィルする

  201507160009.png

11.セルC9~C15に、#N/Aが表示されないことを確認する

  201507160010.png


スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://cheflapin.blog.fc2.com/tb.php/436-b42095ad