FC2ブログ

該当するデータを検索する

一覧表を参照してデータを取り出す場合
よく VLOOKUP関数が使われます

 
ID番号を入力して商品名や単価を表示したり
社員番号から入社年度や所属部署などを表示したりすることができます

VLOOKUP関数
 
「検索と参照」関数の1つです
指定した範囲の中から必要な情報を検索して取り出します

 
書式
 VLOOKUP(検索地,範囲,列番号,検索の型)
引数
 検索値には、表の左端の列から 検索する値を指定します
  検索値の含まれる行からデータが取り出されます
  検索値には、値、セル参照、文字列を指定します

 範囲には、目的のデータが含まれる表の範囲を絶対指定で指定します
  
 列番号には、引数 範囲に指定されている範囲内での列番号を指定します
  表の左端の列を列番号 1 として数えます

 検索の型には、TRUE または FALSE を指定します
  ※ 省略可能
 FALSE を指定すると 検索値と完全に一致する値だけが検索されます
 完全に一致する値が、複数ある場合
 最初に見つかった値が使用されます
 完全に一致する値が見つからない場合
 エラー値#N/Aが返されます
 ※ FALSE の代わりに 0 (ゼロ)でも可

 TRUE を指定するか 省略した場合
 検索値と完全に一致する値 または 近似値が返される
 完全に一致する値が見つからなかった場合
 検索値未満の最大値が使用されます
 重要
 検索の型に、TRUE または 省略の場合
 範囲の左端の列にある値を
 昇順に並べ替えておく必要があります


説明

範囲の左端の列にある文字列を検索するときは
範囲の左端の列にあるデータの先頭または末尾にスペースがなく
印刷されない文字が含まれていないことを確認してください
これらの状況に当てはまる場合
誤った値や予測しないデータが返されることがあります

数値や日付型の値を検索する場合は
範囲の左端の列にあるデータが、文字列として保存されていないことを確認してください

検索の型が、FALSEまたは 0 で検索値が文字列の場合
検索値で疑問符(?)またはアスタリスク(*)を
ワイルドカード文字として使用することができます
(?)は、任意の1文字を表し
(*)は、任意の文字列を表します
通常の文字として(?)や(*)を検索する場合は
前に(~)「チルダ」を付けます


次回は、使用例


スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://cheflapin.blog.fc2.com/tb.php/432-f1a27e31