FC2ブログ

関数で日付を入力する

現在の日付を求めるには
TODAY 関数を使います
TODAY関数は、パソコンの内蔵時計を利用して現在の日付を返します
※ 関数で求められる値のことを「返す」という言い方をします


直接入力した日付と違い
後日開くと パソコンの内蔵時計が示す現在の日付が表示されます
※ いちいち「パソコンの内蔵時計」と書いたのは 
  以前のパソコンでは
  内蔵時計が止まったり遅れたりが多かった


参考ファイル : 関数.et 

1.ダウンロードした「関数.et」を開き
  I1セルをクリック
2.「編集ツールバー」の左にある 201506260002.png (関数の挿入)アイコンをクリックする


201506260003.png

3.[関数の挿入]画面が表示される
  「関数の分類(C)」
  [最近使用した関数 ▼]の▼をクリックする


   201506260004.png

4.表示される一覧で「日時」を選択する

   201506260005.png

5.「関数の選択(N)」欄の中で 「TODAY」を探し、選択
  [OK]をクリックする


   201506260006.png

6.[関数の引数]画面が表示される
  [OK]をクリック


   201506260007.png

7.「変数バー」に 【 =TODAY() 】と表示される
  セル I1 には、【 2015/6/26 】
  (このブログを書いた日付)が表示される


201506260008.png



日付だけでなく 時刻も表示したい場合には
 NOW 関数を使う


201506260009.png


シリアル値について

日付はシリアル値として
管理され計算が行われます
1900年 1月 1日を 1 として
以降 9999年12月31日まで
1日を 1 として計算されます


1日が 1 なので
1時間は、24分の1 0.0416666666666667
1分は、1/24/60 0.000694444444444444
すべてシリアル値です
例えば 
 2015年6月26日 午前11時30分
 シリアル値は 42181.4791666667



スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://cheflapin.blog.fc2.com/tb.php/424-7875d747