FC2ブログ

スペースの入力

文字の先頭を何文字分か右に寄せたり、文字と文字の間を空ける方法

 次のように入力します

201404300002.png

 2行目の先頭へカーソルを移動する

   201404300006.png

 [スペース]キーを1回押す

   201404300004.png

 7行目の先頭へカーソルを移動

   201404300005.png

 [スペース]キーを4回押す

   201404300007.png

 8行目と9行目も同様にする

   201404300008.png


この画像のように、空けた「スペース」が、□で表示されない方は、
以下の設定を確認して下さい

1.書式マークが表示になっているか?

 「ホーム」タブにある
  201404300009.png (書式マークの表示/非表示)がオンになっているか?
  「オン」の場合 201404300009.png
  「オフ」の場合 201404300010.png


 2.「書式マーク」の設定

 201404300009.png (書式マークの表示/非表示)がオンでも表示されない場合は、
 「書式マーク」の設定に、「スペース」の表示が含まれていないことが考えられます

  「書式マークの設定」の確認
  1.201404300011.png をクリック
  2.「オプション」をクリック
   
201404300012.png

  3.表示される「設定」画面 「表示」で、
   「書式マーク」欄の「スペース」にチェックが入っているか?
    チェックが入っていない場合は、クリックして、 を入れる

201404300013.png



 
スポンサーサイト



文字揃え

文書を体裁よく仕上げるために文字列を配置します

配置の種類

  左寄せ. 201404291024.png (左揃え)

  中央寄せ 201404291025.png (中央揃え)

  右寄せ. 201404291026.png (右揃え)

  両端寄せ 201404291027.png (両端揃え)

  均等割付 201404291028.png 

 ※ Kingsoft では、「寄せ」と書いていますが、
「揃え」という言い方が一般的かと思います


以下の文章をそれぞれの設定で表示してみます
Kingsoft Office(キングソフトオフィス)とは、ワープロ・表計算・プレゼンテーションなどのアプリケーションを指す名称です。
Kingsoft Writer(ワープロ)、Kingsoft Spreadsheets(表計算)、Kingsoft Presentation(プレゼンテーション)の3つのアプリケーションから成り立っています。


  左寄せ   (左揃え)
   文字列を左に揃えます
   ショートカットキー [Ctrl]+[L]

    201404291020.png

201404291016.png

  中央寄せ  (中央揃え)
   ショートカットキー [Ctrl]+[E]

   文字列を中央に揃えます
    201404291021.png

201404291017.png

  右寄せ   (右揃え)
   文字列を右に揃えます
   ショートカットキー [Ctrl]+[R]

    201404291022.png

201404291018.png

  両端寄せ  (両端揃え)
   ショートカットキー [Ctrl]+[J]

   文字列を両端に揃えて配置します
    201404291023.png

201404291019.png


  均等割付
   文字列を両端に揃え、かつ等間隔に配置します
   ショートカットキー [Ctrl]+[Shift]+[J]

    201404291029.png

201404291030.png


 

フォントサイズの変更

入力した文字の大きさを変更する方法
文字の大きさのことを、「フォントサイズ」といいます


 大きさを変更したい文字列をドラッグ・選択します

   201404291010.png

 フォントサイズ 201404291011.png の右側の ▼をクリック サイズを選択する

   201404291012.png

 フォントサイズが変わる

   201404291013.png


フォントサイズを変更する際に、リストの数値から選択しましたが
フォントサイズを直接ボックスに入力しても変更できます

 フォントサイズの数値をクリックする
  201404291014.png

 フォントサイズの数値を入力する
  ※ リストにない「80」と入力し、[Enter]キーを押す

201404291015.png



 

フォントの変更

一般的に、Writer に文字を入力すると
「MS明朝(みんちょう)」という名前のフォント(文字の形)で入力されます

文字を入力した後で、フォントを変更する

 文字を入力する

   201404290001.png

 フォントを変更したい文字列をドラッグ選択する

   201404290002.png

 フォントを選択する
  今回は、違いが分かりやすい「HGS創英角ポップ体」にしてみます

   201404290003.png

 フォントの変更が完了します

   201404290004.png


 

画面表示の変更

画面表示を変更する方法

通常 画面表示は、「印刷レイアウト」になっています
 「表示」タブで確認できます 
201404220011.png


全画面表示」を クリックしてみる
 パソコンの画面いっぱいに編集ページが表示される

201404220012.png

 元の状態に戻すには、[Esc]キーを押す
 または、表示されている 201404220013.png を クリックする


アウトライン」を クリックしてみる

201404220014.png

 ※ アウトラインとは 
  長い文章やプレゼンテーションの下書きなどで 
  必要な項目を箇条書きで書き出したもの
  順番を並べ替えたり、階層を作ったり、
  項目の追加や削除を繰り返して構成していきます

 ※ 「アウトライン」表示をやめるには、
   「アウトライン」タブで、
   右端にある「アウトライン表示を閉じる」をクリックする


ウェブレイアウト」を クリックしてみる
 
201404220015.png

 ※ Webレイアウトとは、
   文書や画像がWebブラウザで表示した場合と同じように表示する
   Webレイアウトでは背景が表示され、
   文字列がウインドウに合わせて折り返される
   余白は表示されない
   Webページ上で文書を表示する場合の目安として用いられる

「印刷レイアウト」画面

201404220017.png



 

文字列のコピー

文章内の文字列を別の場所にコピーする方法

1.以下のような文章で行います

   201404160010.png

2.コピーしたい文字列を選択・ドラッグする

   201404160011.png

3.ドラッグした部分にマウスポインタを合わせ
  

201404160012.png
  [Ctrl]キーを押したまま
  コピーしたい場所までドラッグする


201404160013.png

4.コピーが完了する

201404160014.png



今回は、文字列を選択し、ドラッグしてコピーしましたが
文字列を「コピー」して、「貼り付け」を行うこともできます


コピーの方法は、いろいろあります

方法1.キーボードで、[Ctrl]+[C]キーの同時押し
方法2.[ホーム]タブにある
201404160015.png を クリックする

  201404160016.png

方法3.右クリックのメニューで「コピー」をクリックする

  201404160017.png

貼り付けに関しても同様に
1.[Ctrl]+[V]キーの同時押し
2.[ホーム]タブにある
201404160018.png をクリック
3.右クリックのメニューで「貼り付け」をクリック

  201404160019.png



 

文字列の移動

入力して確定した文章の文字を
入れ替えたい場合があります

削除して、入力し直しても良いのですが
文字列を移動することもできます


201404140001.png

 移動したい文字列を ドラッグ 選択する

   201404140003.png

 選択した部分の上でマウスをボタンを押したまま
  移動したい箇所へマウスを移動する

  ※ 選択部分をドラッグする

  201404140004.png

 指をマウスから離す
  文字列の移動ができる


  201404140005.png

 画面のどこか(任意の箇所)をクリックする
  選択状態の解除ができる


  201404140006.png


移動したい文字列をドラッグして移動しましたが
文字列を 「切り取り」
移動したい箇所へ 「貼り付け」
といった方法でももあります

「切り取り」の方法は、それぞれ好みがあります
文字列を選択した後
その1
 「ホーム」タブの のアイコン「切り取り」をクリック
    201404140007.png

その2
 選択部分の上で右クリック
 メニューの「切り取り」をクリック

    201404140008.png

その3
 キーボードの [Ctrl] と [X] キーを 同時に押す

 ※ 画像では写しようがない
 

「貼り付け」も それぞれ3つの方法
 1.「ホーム」タブの 201404140009.png アイコン
 2.右クリックのメニューから
 3.[Ctrl]キー+[V]キー



 

行の挿入と削除

文書を作成した後で、
行と行の間に別の文書を挿入したり、
行と行の間の文書を削除することができます

 次のように入力する

  201404130001.png

 カーソルを移動する

  201404130002.png

 [Enter]キーを押す

  201404130003.png
  ※ 2行目の文章が3行目に移動する
 ]キーを押すと、カーソルを2行目に移動する
   この場合は、[←]キーでも同じ結果です

  201404130004.png

 「見どころ豊富!」 と 入力する

  201404130005.png

行の削除

 削除する行を選択する
   削除したい行の左側にマウスポインタを移動する
   マウスポインタの形が 201404130006.png に変わる


  201404130007.png

 マウスポインタの形が 201404130006.png の時にクリックする
  2行目が選択できる


  201404130008.png

 [Delete]キーまたは[BackSpace]キーを押す
  行が削除される


  201404130009.png


参考
「行の挿入」や「行の削除」を行った後で
「あっ、削除するんじゃなかった」
と悔やむことがあります
このような場合 「元に戻す」ボタンがあります


  201404130011.png


 

Writer の表示について

前回 「裁ちトンボ」と「文字列表示範囲枠」の表示について書きました

ついでなので、他の表示設定についても書いておこうと思います


1.「段落記号」や「スペース」を表示したい場合
    「ホーム」タブにある 201404080018.png「書式マークの表示/非表示」アイコンをクリック

  201404080017.png
  201404080019.png
両方とも表示したい場合は、1番の方法で良いのですが
どちらか、一方だけ表示したい場合は、
「設定」画面で設定することができます

201404080018.png「書式マークの表示/非表示」アイコンをクリックしてある場合
「設定」画面


201404080020.png

    「書式マーク」欄は、すべての項目にチェックが入っています
   「すべて」のチェックボックスをクリックし、チェックを外し

  
   201404080021.png
   
   表示したい「スペース」または「段落記号」だけに、チェックを入れる

 例えば、「段落記号」だけにチェックを入れた場合


201404080022.png
「スペース」だけにチェックを入れた場合

201404080023.png


2.「ルーラー」の表示
  初期設定がどうなっていたのか、もう忘れてしまいましたが
  私の場合は、「水平ルーラー」と「垂直ルーラー」を表示することが多い

  
201404080024.png

ルーラーを表示したくない場合
「表示」タブ 
「ルーラー」のチェックボックスをクリックし、チェックを外す


  201404080025.png

201404080027.png


「水平ルーラー」だけ表示したい場合
「設定」画面
「印刷レイアウトのオプション」欄の「垂直ルーラー」のチェックを外す

201404080026.png

「表示」タブ 
「ルーラー」のチェックボックスのチェックボックスにチェックが入れば


201404080028.png


 

コメント欄での質問 「裁ちトンボ」の表示

先日 このような(秘密の)コメントを頂きました


余白をわかりやすくする
裁ちトンボを表示する機能はないのでしょうか?

まず 最初に
「裁ちトンボ」とは

下図のような余白の位置を示すマークのことらしい
※ 本来「裁ちトンボ」というのは、
  文字どおり断裁をする位置を示すマークのこと
  このマークは、余白位置を示すだけのものですから、
  「裁ちトンボ」とは違うような気もしますが
  Microsoft Word で、使っているので間違いではないのかな?

  201404080001.png

「余白のマークが表示されない」
この質問は MS Wordで良くある質問です
Wordの場合には、[Wordのオプション]の「詳細設定」
「構成内容の表示」欄内に、
「裁ちトンボを表示する」という項目があります


  201404080003.png

ここのチェックボックスをクリックして、チェックを入れれば表示されます

201404080002.png

さて、本題のKingsoft Office 2013 Writer の場合ですが
通常表示されています
それに、Microsoft Word のような設定はありません

出来れば質問者の状態が確認できればよいのですが...

私なりにいろいろ考えたのですが
「裁ちトンボ」が見えない状況として考えられるのは
1.表示が「印刷レイアウト」ではないケース
 ・ 全画面表示   ・・・ これはないな
 ・ アウトライン  ・・・ この可能性も低いかな
 ・ ウェブレイアウト ・・ 可能性はあるが???

2.見えているが、ちょっと違うように表示されている
  下の画像のように表示されている


  201404080005.png

この場合 通常の「裁ちトンボ」と見え方が違うので
表示されていないように感じるかも

    201404080007.png

コメントを書かれた方が、右側のような表示の場合は
「余白を表示する」設定にすれば、左側のようになります

1.左上の「Kingsoft Writer 2013」をクリック


  201404080009.png


2.右下にある「オプション」をクリック

  201404080008.png

3.表示される「設定」画面
  「印刷レイアウトのオプション」欄にある
  「空白を表示しない」のチェックボックス

クリックし チェックを外す

   201404080010.png

4.チェックが外れたら、[OK]クリック

   201404080011.png

参考
「設定」画面を表示する別の方法
1.左上の「Kingsoft Writer 2013 ▼」の ▼ をクリック


  201404080012.png

2.表示されるメニューの「ツール」にマウスポインタを合わせ
  表示される一覧の「オプション」をクリックする


  201404080013.png


ついでに、
 文字列が表示される範囲を枠で表示させる設定


201404080015.png

文章を消した場合

201404080016.png

この表示をしたい場合
先ほどの「設定」画面を表示
「印刷レイアウト」欄にある
「文字列表示範囲枠」のチェックボックスをクリック
チェックを入れる


201404080014.png