FC2ブログ

グラフでテクスチャや図(写真)使用した際の注意

前回の 塗りつぶし色設定時の注意事項  について
同じ内容で、「キングソフトオフィスサポートセンター」へ、メールを送りました

なんと、さっそく返事をいただきました

お客様へ

キングソフトサポートセンターでございます。
平素は当社製品をご愛用いただきまして誠にありがとうございます。

ご指摘の症状を確認させていただきました。
ご不便をおかけしており、申し訳ございません。
弊社環境下では Excel2010でもファイルを開くことはできましたが、
エラー表示についてはExcel2003.2010 ともに表示されました。

今回、お客様にご連絡いただきました件につきましても、
今後のアップデートの課題とさせて頂きます。

弊社は今後も修正・改良を重ね、さらに使いやすいソフトにしていく
所存でございます。
また何かお気づきの点などがございましたら、遠慮なくご指摘いただけ
ますよう、よろしくお願い申し上げます。


今後ともキングソフトを、よろしくお願いいたします。
キングソフトサポートセンター



あれ? Excel 2010 で、開けた?

さっそく確認しました

あのエラー表示が出た際の修正方法の1つ 

アドインをすべて 無効にしたら 開けました

エラー表示は出るが、開くことはできる


 保護されたビュー
 このファイルに問題が見つかりました。
 このファイルを編集すると、コンピューターに被害をあたえるおそれがあります。
 クリックすると詳細が表示されます。


私のように アドインを入れている人もいますので 注意が必要



KingSoft Spreadsheets で作成し

Excel (.xls) で保存したファイルを
 
他人に渡した場合に、開けないと言われたら

 ファイルを右クリック プロパティを開き
  [全般]タブの一番下を確認 
  「セキュリティ」欄があったら [ブロックの解除]をクリックしてもらう
 Excel 2010 の場合 アドインを無効にして開いてもらう



注意が必要なアドイン

私が ちょっと チェックして 駄目だったもの

 独自に作成したアドイン
 「Patternui」
  Excel 2010 では必要ない グラフツール[書式」タブにパターンを追加するアドイン
 「ソルバーアドイン」
 「ユーロ通貨対応ツール」
 「ラベル印刷ウィザード」
 「分析ツール」
 「分析ツール-VBA」
ちなみに、「郵便番号変換ウィザード」は、入っていても大丈夫でした。 
スポンサーサイト



塗りつぶし色設定時の注意事項

私の試した範囲では、


Kingsoft Spreadsheets 2012 で、グラフを作成し

塗りつぶしで、「テクスチャ」を利用したファイルを

「.xls」で、保存した場合

Microsoft Office 2010 で、開こうとすると

エラーになる

 ファイルが破損しているため開くことができません。




 「グラデーション」や「パターン」は、大丈夫のようです

 「 図 」に関しては、写真は駄目のようです


微妙に、可能な画像もあるようですが、基本的には、駄目だと思ったほうがよい



グラフが駄目だったので、オートシェイプの「塗りつぶし」も確認してみた

オートシェイプの場合は、すべて 大丈夫でした



補足 Excel 2003 の場合

エラーではなく、注意文が 表示されます


 このファイルを開こうとしたときに、
   Office ファイル検証機能によって問題が検出されました。
   このファイルを開くのはセキュリティ上危険である可能性があります。



[開く]をクリックすると開きます

. 

グラフの印刷 3

グラフだけを印刷したい場合 2

サンプル グラフ0003.xls 

※ グラフのあるセル範囲を選択します(Sheet2 の場合)
  前回のSheet1 の時とは違い
  Sheet2 では、グラフがセル範囲A9:G25 にピッタリ配置されている
  マウスでの選択が出来ない


このような場合は、キー操作でセル範囲を選択する

1.グラフに近い A8 セルをクリック
2.[↓]キーを押す アクティブセルが A9 セルになる


3.[Shift]キーを押しながら [→]キーを 6回押す
  セル範囲 A9:G9 が選択される


4.[Shift]キーを押しながら [↓]キーを 16回押す
  セル範囲 A9:G25 が選択される


※ セル範囲が選択できたので、あとは前回と同じ
5.[レイアウト]タブ「ページの設定」グループ
  「印刷設定」クリック 「印刷範囲の設定」を選択
6.「印刷プレビュー」で確認しながら 用紙・倍率・配置を設定する

. 

グラフの印刷 2

今回は、グラフだけを印刷したい場合

サンプル グラフ0003.xls 

1.グラフのあるセル範囲を選択します(Sheet1 の場合)

  A9:G25 セル範囲を選択

2.[レイアウト]タブ「ページの設定」グループ
  「印刷設定」クリック 「印刷範囲の設定」を選択



3. 「印刷プレビュー」をクリック


4.用紙を「横」にして、ページ中央「水平方向」「垂直方向」にチェックを入れる




5.拡大して いろいろ試し(210%)





. 

グラフの印刷 1

サンプル グラフ0003.xls 



1. [印刷プレビュー]をクリック


2.[印刷プレビュー]画面



基本的にはこのようになる
余白が多く 左上が基準になる


印刷の設定で、用紙を横置きにして 表とグラフを縦横中央にしたい場合
1.「設定」グループの[横]をクリック


2.[ページの設定]をクリック


3.[ページ設定]画面が表示される
  [余白]タブをクリック


4.[]タブ 「ページ中央」欄
  【 □ 水平方向(Z)  □ 垂直方向(V) 】 両方にチェックを入れる
  [OK]クリック


5.表とグラフが中央に配置される


※ 倍率は好みです 試しに大きくしてみました

このようにしたい場合は 先ほどの[ページ設定]画面
[ページ]タブ 「拡大/縮小印刷」欄
「拡大/縮小」の数値を大きくし 印刷プレビューを確認して調整する
このファイルの場合 155% で良いようでした



.
 

複数のグラフの位置やサイズを整える

複数のグラフを配置するとき

サイズや位置を揃えるときれいです

マウスの操作で同じサイズにするのは難しい
そこで、
グラフの高さと幅を「cm」単位の数値で指定してそろえる
配置は、グラフを選択して、[下揃え]や[上揃え]で設定する



サンプル G05.et 

 2つのグラフを、[Ctrl] キーを押しながら選択
   [図形ツール]タブが表示される

 
 「図形ツール」タブ 「図形の挿入」グループ
   [図のサイズ]をクリック


 [オブジェクトの書式設定]ダイアログボックスが表示される
   [サイズ]タブ 「サイズと角度」欄で
   「高さ」欄に、「8」と入力
   「 幅 」欄に、「12」と入力
   [ OK ] クリック


 2つのグラフのサイズが、同じ大きさになる


 「図形ツール」タブ 「配置」グループ
   [配置]をクリック

 表示される一覧から[下寄せ]をクリック


 グラフの高さが 同じ位置になる



注意

Kingsoft Spreadsheets の場合

2つのグラフで [Ctrl]キーを押しながら 選択した
後のグラフの位置に、高さが揃えられます
どちらのグラフの位置に揃えるのかを 検討して 選択する順番に注意する



. 

グラフの位置とサイズの固定

セルのサイズを変更してもグラフの位置やサイズが、変更されないようにする

既定の設定では

セルのサイズに連動して、


グラフの位置やサイズは変わります

列幅を広げるとグラフの幅も広がり、列を削除するとグラフの幅も狭くなる


グラフの位置やサイズを固定する

 「グラフエリアの書式設定」を開く

 グラフエリアを ダブルクリック
 または、[グラフツール]タブ「内容の選択」グループ[グラフの書式設定]をクリック


 [グラフエリア書式]ダイアログボックス
  [プロパティ]タブ
  「オブジェクトの位置関係」欄で、
  【 ○ セルに合わせて移動するがサイズ変更はしない 】
  これにチェックを入れる
  [OK] クリック




これで、列幅を変更しても グラフのサイズは、変わりません
元表の店舗のセルは、幅が広がっていますが、グラフの幅は 同じ幅のまま



. 

グラフの位置やサイズを変更するには

グラフを作成すると、

グラフは画面の中央に配置されます




元の表やほかのグラフなど、

ワークシートの内容とのバランスを考え     

     グラフの位置とサイズを 調整する

グラフエリアは、通常横長ですが、
 円グラフの場合は幅を狭くしたり、
 項目数の多いグラフなどはサイズを大きくしたり、
 作成するグラフに応じて サイズ調整を行う


移動やサイズ調整は、マウスのドラッグ操作で簡単に行えます

グラフを元表の真下へ移動し、サイズを元表の幅にします
(A9:G21)

1.「グラフエリア」にマウスを合わせる
2.左ボタンを押すと、マウスポインタの形が    に 変わる
  左ボタンを押したまま、移動する(ドラッグ)
  (左上角を A9 セルに合わせる)


3.グラフ範囲の右下の○(ハンドル) にマウスポインタを合わせる

マウスポインタの形が、 変わる
  ( G21 セルに合わせる)

ポイント
[Alt]キーを押しながら、ドラッグすると、グラフをセルの枠線にぴったり合わせられる




グラフの位置・サイズが変更される



. 

グラフを作成する

「集合縦棒グラフ」を作成する

サンプルデータ G04.et  ・ G04.xls  (好きのほうをどうぞ)
※ 「.et」の拡張子の場合、
  「現在、ドキュメントを表示できません。 しばらくしてからもう一度試してください。」
  となりますが、[ファイル]→[ダウンロード]クリックで、ダウンロードできます
  Google ドキュメントでは、表示できないようです

  店舗ごとに、4月から6月の来客数と合計をまとめてある一覧表
  
  
  この「来客数調査一覧表」から、「集合縦棒グラフ」を作成する

 グラフにしたいセルを選択する
  セル範囲 A2:D6 を、ドラッグ(選択)する


 [挿入]タブ 選択
  「グラフ」グループ [グラフ」をクリック


 [グラフの種類]ダイアログボックスが表示される
  「グラフの種類」欄から「縦棒」の中から「集合縦棒」を選択する


 プレビューで選択したグラフが表示される
  左の下の欄に「配色」が、表示される
  右の下には、今まで作成したグラフの履歴が表示される

  プレビューで 良ければ[次へ]クリックする
 [元データ]ダイアログボックスに、変わる
  「データ範囲」欄を 確認する
  最初にドラッグしたセル範囲 A2:D6 が、絶対参照で入っている


  この画面では、「項目軸」の表示される項目と「凡例」に表示される項目の確認をする
 「項目軸」の表示されている内容と「凡例」の表示されている内容を入れ替えたい場合は
  下にある「系列」欄で、チェックが入っている位置を変える
  ※ この場合 店舗名を凡例にして、月を項目にしたい場合は ○ 行 に、チェックを入れる
 試しに、チェックを入れたケース

最初の状態で、[次へ]クリック

 [グラフ オプション]ダイアログボックスに変わる
  [タイトル]タブ 「グラフのタイトル」欄に、「来客数調査」と入力する
  [完了]クリック


 グラフが作成される



. 

グラフの要素

グラフを思い通りに、完成させるには、

グラフの要素を適切に編集することが必要です


それには、グラフにどのような要素があるか知る必要がある

集合棒グラフの場合で


 画像が小さくてよくわからない場合は、画像をクリックしてください




Kingsoft Office 2012

 Spreadsheets 最大の欠点

 数値軸タイトルが、横になってしまう


  

ですから 対応策として テキストボックス[縦書き] を 利用する

0.グラフ以外の場所をクリックする
1.[挿入]タブ→「テキスト」グループ→[テキストボックス]選択
  「縦書き」クリック


2.マウスポインタの形が、十 になるので、
  数値軸タイトルを入れたい部分をドラッグする


3.文字列を入力する


4.テキストボックスの枠に、マウスポインタを合わせる
  ポインタの形が  になったら、右クリック
    
  一覧から、[オブジェクトの書式設定]を選択
  
5.[オブジェクトの書式設定]ダイアログボックス
  [配置]タブ
  「文字の配置」欄で、水平方向・垂直方向ともに、「中央寄せ」を選択


6.続いて、[色と線]タブを、選択
  「塗りつぶし」欄 色で、「塗りつぶしなし」を選択
  「 線 」欄 色で、「線なし」を選択
  [OK]クリック




※ フォントを変更したい場合は、[フォント]タブで、設定

.