FC2ブログ

4.関数 2 順位を付ける

RANK 関数

「RANK(ランク)関数」を使うと、範囲内の数値が全体で何番目に位置するかを表示できる


RANK (順位)

機能概要


  パラメーターリスト内での指定した数値の順位を返します。

書式

 
 数値:順位を調べる数値を指定します。
 範囲:数値を含むセル範囲、名前、または配列を指定します。
 順序:並べ替えの方法を数値で指定します。
   0または省略される場合、降順で並べ替えられます。
   0以外の数値を指定した場合、昇順で並べ替えられます。

解説

 「範囲」に含まれる文字列、論理値、または空白セルが計算対象外です。
 指定した範囲に同値がある場合は、同じ順位として返されます。
 同値の存在はそれ以下の数値の順位に影響を与えます。
 たとえば、昇順に並べ替えられた1~10までの整数リストに、
7が二度現れ、その順位が7の場合は、8の順位が9となります


サンプルSheet1 

1.数式の入力

 RANK 関数を使って 「合計(万円)」の高い順に 順位を付ける数式を入力する

1.セル F5 を クリック
2. (関数の挿入)を クリックする

[関数の挿入]ダイアログボックスが 表示される

3.「関数の分類」の[最近使用した関数  |▼]の ▼ をクリック
  「すべて表示」を選択

4.[関数の選択]欄内を クリックし [R]キーを押す

5.関数名の「R」から始まる「RADIANS」が選択される
  下へスクロールし 「RANK」を 選択する

6.[OK]をクリックする

7.[関数の引数]が 表示される

8.「数値」欄に カーソルがあるので E5 セルをクリックする

9.「数値」欄に 「E5」と 表示される
  「参照」欄右端の をクリックする

10.[関数の引数]ダイアログボックスが小さくなる
  セル範囲 E5:E21 を ドラッグする

11.[関数の引数]ダイアログボックス右端の をクリックする

12.[関数の引数]ダイアログボックスが元の大きさになる

  Excel の場合 ここで セル範囲を固定するために[F4]キーを押し
セル範囲を 「E5:E21」から「$E$5:$E$21」に変更(絶対参照にします)
  しかし KingSoft Spreadsheats の場合 [関数の引数]で [F4]キーは機能しません
13.「順序」欄をクリック
  「0」を 入力する
 ※ 「合計(万円)」の高い順=降順→「0」または省略

14.[OK]クリック

15.[関数の引数]ダイアログボックスが閉じ 
  F5 セルに数式が設定され F6 セルがアクティブセルに変わる

16.F5 セルをクリック

17.数式バーで E5:E21 を ドラッグ選択する

18.[F4]キーを押す

Kingsoft Spreadsheets の場合 数式バー(編集バー)で [F4]キーを使用します

19.セル範囲が固定できたので E6:E21 セル範囲に数式を オートフィルします
 E5 セルの右下にマウスポインタを合わせ ダブルクリックする


. 
スポンサーサイト



4.関数 中級(よく使う関数) 1

作成するブックの確認

作成するブック サンプル04_1 



Sheet1




Sheet2




Sheet3

 

3.印刷 7

印刷

印刷設定が 完了し 印刷プレビュー画面で 確認

印刷プレビュー画面で マウスポインタを シートの部分に 合わせると

マウスのアイコンが  になるので クリックすると


表示画像が 拡大される


このままで 良い場合 クイックアクセスツールバーの を クリックする

[印刷]ダイアログボックス が 表示される


 名前
 現在パソコンに接続されているプリンタ名が表示される
 複数のプリンタが 接続されている場合は ▼ をクリックすれば 表示される
 印刷する範囲
 すべて:すべてのページを印刷します
 ページ:指定したページを印刷します
 印刷対象
 印刷する対象を設定します
 複製
 印刷する部数を設定します
 

3.印刷 6

前回までで 大丈夫な方も多いでしょうが
前回までの状態 

[印刷プレビュー]画面で [設定]グループ[余白]をクリックする


すると 




気が付くことは 
右の位置より 左の余白のラインから 表が離れている

これは 当然で
[閉じる]をクリックし [標準]表示にする



これで わかるように A列のスペースです

このような場合

A列を 削除してもよいのですが

「表の部分だけを 印刷したい」


こういった設定ができます

それが [印刷範囲の設定]です




印刷範囲の設定

最初に 表を選択します

1.B2 セルをクリック
  起点選択

2.[Ctrl]+[Shift]+[→] キーを 同時押し
  範囲の横部分選択

3.[Ctrl]+[Shift]+[↓] キーを 同時押し
  範囲全体選択


この選択した範囲を 印刷する範囲に設定する

4.[レイアウト]タブ 「ページ設定」グループ 
  [印刷範囲]クリック
  表示される一覧から [印刷範囲の設定]を選択



もう一度 「印刷プレビュー」を見て確認する


一見 良さそう

でも よく見ると 右端のほうが空いている



表を 横の中央にしたい時

3.印刷 3 で 書いた 

[ページ中央]欄  □水平方向 に チェックを入れる



[ OK ] クリック




あと1つ 日付が小さい

ヘッダーの設定で フォントサイズを大きくする

「印刷プレビュー」画面 

「設定」グループ

[ヘッダーとフッター]をクリックする



[ページ設定]「ヘッダー/フッター」タブで

[ヘッダーの設定]をクリック



[ヘッダー]画面で

 &[日付] を ドラッグ 選択する




[フォント]を クリックする


[フォント]画面が 表示される

「サイズ」欄で 「12」を 選択する



[ OK ]を クリックする

[ヘッダー]画面に 戻る

 &[日付] が 大きくなっている



[ OK ]を クリックする

[ページ設定]画面に戻る

2012/1/28 が 大きくなっている



フッターに関しても 同様な操作を行う

注意点は
【 &[ページ番号]/&[総ページ数] 】を選択してから フォントサイズを設定する


[ページ設定]画面で [ OK ]をクリックする








 

3.印刷 5

「タイトル行」の設定

サンプルデータ 
※ [ファイル]→[形式を選択してダウンロード]→[Excel]で ダウンロードしてください
※ ダウンロードしたら 念のため ファイルを右クリック [プロパティ]
  [全般]タブ 一番下の[ブロックの解除]をクリック



2行目の「タイトル行」を 表示する設定

[レイアウト]タブ

「ページ設定」グループ 右端の を クリックする




[ページ設定]が 表示される



[シート]タブ

「印刷タイトル」欄

「先頭タイトル行」の右端のアイコン クリック




[ページ設定]が 小さくなり

マウスポインタの形が  になる




タイトル行がある 2行目を 選択する

「2」のところに マウスを合わせ クリックする

2行目が 点線で囲まれる



[ページ設定]欄には $2:$2 と 表示される


右端の をクリックする


[ページ設定]が 元の大きさになる

[ OK ]クリック




これで 設定できたので 確認する




各ページに 2行目の 項目欄が表示されている



注意

この場合の [印刷タイトル]設定は


[印刷プレビュー]からの



[ページ設定]では 出来ません


. 

3.印刷 4

「ページ設定」の[ヘッダー/フッター]タブ


今回の見本の確認


  ヘッダーは 右端に 日付

  フッターは 中央に ページ数/総ページ数



ヘッダーの設定

[ヘッダーの設定]をクリックする



[ヘッダー]画面が表示される

開いたときは 「左」欄にカーソルがある

「右」欄を クリックする



日付を 挿入したいので

「日付」のアイコンをクリックする



すると &[日付] と 表示される

 
[OK] をクリックすると [ページ設定]へ戻る

上の「ヘッダーのプレビュー」欄

右端に その日の日付が表示される





フッターの設定

[フッターの設定]を クリックする



[フッター]画面が表示される

開いたときは 「左」欄にカーソルがある

「中」欄を クリックする



アイコンから  [ページ番号]をクリックする


「中」欄に &[ページ番号] と 表示される

「/」を キーボードで入力する



アイコンから  [総ページ数]をクリックする


「中」欄 &[ページ番号]/&[総ページ数] になる


[ OK ]をクリック

[ページ設定]画面に戻る

フッター プレビュー欄の中央に 1/1 と 表示される



[ OK ]を クリック






[ヘッダー][フッター]での アイコン




次回は どのページにも 

2行目の「タイトル行」を 表示する設定



. 

3.印刷 3

前回 「ページ設定」を使用したので ついでに

「ページ設定」 [余白]タブ


サンプルデータ 

この様な縦長のファイルで


余白の数値は


都合により変化させる

その下の [ページ中央]欄

 □水平方向 に チェックを入れた場合




 □垂直方向 に チェックを入れた場合



 両方に チェックを入れた場合




こちらも 状況に応じて 

チェックを入れて 利用してください


印刷前には [印刷プレビュー]で確認する

. 

3.印刷 2_2

[印刷プレビュー] 2

前回は 改ページプレビューで上手く行きましたが
ファイル・パソコン・プリンタなどいろいろの環境で 上手く行かないケースのありえる

修正方法 その2 「ページ設定」


サンプル 
      総 6ページ
[改ページプレビュー]


点線を 右へ ドラッグしても


もう一度 [印刷プレビュー]を 表示

まだ 総 6ページ なので 

「設定」グループの[ページ設定]をクリックする



[ページ設定]が表示される

[ ○ 次のページ数に合わせて印刷]

に チェックを入れる



横 は 「1」のまま × 縦を 「3」にする

[OK] クリック



[印刷プレビュー]を見ると 総 3ページ


拡大縮小印刷 85% に なっている
 

3.印刷 2

[印刷プレビュー]


確認することは いろいろありますが

今回 最初に ページ数を確認します



[1ページ総 8ページ]と 表示されています

この表示が 自分の作成したファイルとイメージがあっていればよいのですが
ちょっとでも 疑問に思ったら すべてのページを 表示してみることを お勧めします

今回の場合
[表示]グループにある [次のページ]をクリック
5ページ目が 下図のようになっていました

これは J列が 別のページに なってしまっています


これを 修正するには いろいろな方法があります

その1 「改ページプレビュー」で 修正

[表示]グループにある [改ページプレビュー]をクリック




[印刷プレビュー]表示から 「改ページプレビュー」表示になる


縮小表示した場合


真ん中付近に 何ページかの表示がある


[2ページ] [6ページ]


修正する方法

「1ページ」と「5ページ」に 分かれているところを 1ページにしたい
「1ページ」と「5ページ」の間の 青い点線 を 右端までドラッグする
マウスの形が変わる

選択すると 青い点線が変化する

J列と K列の境目までドラッグする

もう一度 [印刷プレビュー]を表示する


ページ数は 総 4ページになっている

一見 問題なさそう

念のため 各ページも見る



次回は、各ページに [列見出し]を印刷する設定


. 

3.印刷 1

表の印刷

最初に どのように印刷したいか?




印刷結果イメージ




作成した表を印刷する場合

1.[印刷プレビュー]

 現在どのような状況か 確認する




[印刷プレビュー]は 

[表示]タブ →「ブックの表示」グループにある「印刷プレビュー」

または
 をクリックし 
一覧にある「印刷プレビュー」をクリック


数式バーの左にあるクイックアクセスバーにある

アイコン を クリックしても表示される





サンプルデータ   クリックすると

[ファイル]をクリック
[形式を指定してダウンロード  ]をポイント
一覧から [Excel]を 選択(クリック)

これで サンプルデータ02.xls が ダウンロードできます
Kingsoft Office 2012 Spreadsheets で 開いて 確認してください


3.印刷 2  に 続く


.