FC2ブログ

6-11 ヒント 2

6-11-3 目次

目次 とは その文書にどんな内容が含まれているか

     それが 何ページにあるのか を 示すもの

目次は 「見出し」を 元に自動的に作成できる

     あらかじめ 「見出し」を 設定しておく必要がある

 目次を作成するには

1.目次を挿入する箇所へカーソルを置く
2.[挿入]→[参照]→[目次]
  
3.[目次]画面 必要な設定を選択し [OK]クリック

設定後の例



注意: 「見出し」を 設定しておくこと

6-11-4 改ページ

改ページ
とは 好みの位置で ページを変える機能
ページの下まで行く前に ページを変えたい時に使う

 メニューバーから
 1.改ページを 挿入したい箇所にカーソルを置く
 2.[挿入]→[改ページ]→[改ページ]
  

 ショートカットキー
 1.改ページを 挿入したい箇所にカーソルを置く
 2.[Ctrl] + [Enter] キー を 押す
6-11-5 暗号化

暗号化 とは ファイルにパスワードを設定し 他の人に見られないようにすること
また ファイルを 「読み取り専用」にして 編集されないようにもできる

1.[ファイル]→[暗号化]
  
2.[オプション]画面 この文書のファイル暗号化オプション欄
  「パスワード」に 入力
  「もう一度入力して下さい」に 同じパスワードを入力
  [OK] クリック

6-11-6 Spreadsheets(表計算)グラフの貼り付け

Writer に Spreadsheets の グラフを貼り付ける方法
1.Spreadsheets を 開き グラフをコピーする
2.Writer で 貼り付けたい箇所に カーソルを置き 貼り付ける
6-11-7 コメント入力

例えば 編集して直す必要がある場所に コメントだけを入れることが出来る
これにより 全体の内容やレイアウトに 影響を与えずに コメント出来る

第三者が作った文書に 注釈したい場合や自分が忘れないためのメモとして使うと便利

コメントの設定方法
1.コメントを挿入したい箇所に カーソルを置く
2.[挿入]→[コメント]
  
3.コメントの吹き出しが 表示されるので 内容を入力する

6-11-8 PDF ファイルの出力


文書を PDF 形式で 出力できる
Microsoft Office や Kingsoft Office などの 
オフィスソフトが入っていないパソコンで 作成した通りに文書を 表示したり 印刷できる

1.[ファイル]→[PDF ファイルとして出力]
  
2.[PDF ファイルとして出力]画面 保存先を指定し [OK] クリック

必要がある場合は [オプション]をクリックし 出力時のオプションを設定する
 
スポンサーサイト



6-11 ヒント 1

Writer を 使う上で 役に立つ ヒント について
6-11-1 表示倍率

表示倍率とは 画面に表示される大きさです
たとえば 「100%」にしたり 「250%」にしたり出来ます
細かい字を書いている場合などに 大きくしたり
余白を表示せずに 画面前部に文字が収まる大きさにしてみたり
ページ全体が 表示される大きさに縮小して 全体のレイアウトを確認したり出来る

表示可能な大きさは 10%~500%

 ツールバーから
 [標準]ツールバーから [ズーム]プルダウンメニュー  の右の▼をクリック
 ・ 好みの数字を選ぶか 
 ・ 直接数値を入力する

 メニューバーから
 1.[表示]→[ズーム]クリック
  
 2.[ズーム]画面 好みのものを選択 [OK]クリック
  
 ショートカットキーから
 [Ctrl]キーを押しながら スクロールする
 ・ 上にスクロールすると 拡大する
 ・ 下へスクロールすると 縮小する
6-11-2 スタイル

スタイルを設定すると そのスタイルを指定された段落や文字列はすべて同じデザインに統一できる
つまり 書式設定を繰り返す必要がなくなる
同じような見出しや段落、箇条書きなどが 繰り返し使われるマニュアルなどの長い文書を作成する際には 非常に役に立つ機能
スタイルの設定

 メニューバーから
 1.[書式]→[スタイルと書式]
  
 2.[ワークウィンドウ]
  
 3.その部分に設定したいスタイルの名前をクリックします
 4.文字列や段落にスタイルが 設定されます

 ツールバーから
 1.[書式]ツールバーの[スタイルと書式]  アイコンをクリックする
 2.[ワークウィンドウ] [スタイルと書式]になる
 3.その部分に設定したいスタイルの名前をクリックします
 4.文字列や段落にスタイルが 設定されます
スタイルの書式設定

 1.スタイルの書式を設定するには スタイル名にカーソルを合わせ
  ▼をクリック [変更]をクリック
  
 2.[スタイルの変更]画面が表示される 変更したい部分を設定する
   

6-10 印刷

6-10-1 印刷プレビュー

【印刷プレビュー】とは 印刷する前に どのように印刷されるかを表示する機能
印刷する前に 一度確認してから 印刷する」 習慣にしたほうが良い
 ツールバーから
[標準]ツールバーの[印刷プレビュー]  アイコンをクリック
 [ファイル]→[印刷プレビュー]

6-10--2 印刷方法

 [標準]ツールバーの[印刷]  アイコンをクリック
2.[印刷]画面 プリンタを確認 その他の設定を確認し [OK]クリック
3.印刷が始まる
 メニューバーから
1.[ファイル]→[印刷]
2.[印刷]画面 プリンタを確認 その他の設定を確認し [OK]クリック
3.印刷が始まる
 印刷プレビューの状態から
1.[印刷プレビュー]画面で [印刷]アイコンをクリック
  
2.[印刷]画面 プリンタを確認 その他の設定を確認し [OK]クリック
3.印刷が始まる
 

6-9 文書のレイアウト 2

6-9-3 段組み

段組みとは 2列以上の列に分けて 文書や図を配置すること

例:

 ツールバーから
 1.段落を設定したい部分を選択する
 2.[標準]ツールバー   アイコンをクリック
 3.表示される 設定したい段数のところを 選択(クリック)する
  

 メニューバーから
 1.「段組み」を 設定したい範囲を選択
 2.[書式]→[段組み]
  
 3.[段組み]画面 [既存の種類]欄で 設定したい「段組み」を 選択する

 ※ 段落の間に 線を入れたい場合 【□境界線を引く】にチェックを入れる

6-9-4 ヘッダー・フッター

ヘッダー・フッターとは ページの上下の余白部分のこと
この場所に 署名や日付 ページ番号などを挿入できる


 1.[表示]→[ヘッダーとフッター]
  
 2.ヘッダー・フッターが はっきり表示され 他の部分は 薄くなって表示される

 3.[ヘッダーとフッター]ツールバーを 利用して ページ番号や署名 時刻・日付などを入力する
  その他の文言も自由に挿入できる
    
    
 4.[ヘッダーとフッター]ツールバーの [閉じる]をクリック
   または ヘッダー・フッター以外の部分を ダブルクリックすると 元の編集画面に戻る
 

6-9 文書のレイアウト 1

文書のレイアウトとは 横書き・縦書きの設定や段落などの設定のこと

6-9-1 ページ設定

余白や用紙のサイズ またページ内の文字数などの設定を行う


 用紙サイズ
 1.[ファイル]→[ページ設定]
 2.[用紙]タブ
 3.[用紙サイズ]欄 プルダウンメニューから 好みのサイズを選択
 4.[OK]クリック
 余白の設定
 1.[ファイル]→[ページ設定]
 2.[余白]タブ
 3.[余白]欄で 各位置の余白を設定

 用紙の向き
 1.[ファイル]→[ページ設定]
 2.[余白]タブ
 3.[方向]欄で 用紙の置き方を 「縦置き」か「横置き」か 選択できる

 文字数の設定
 1.[ファイル]→[ページ設定]
 2.[ドキュメントグリッド]タブ
 3.[文字の方向]欄で 「横書き」か「縦書き」の 確認をする
 4.[グリッド]欄 [行グリッド線と文字グリッド線の設定]にチェックを入れる
 5.[文字]欄 行あたりの文字数を 設定可能範囲で 設定
 6.[行]欄 ページあたりの行数を 設定可能範囲で 設定
 7.[OK]クリック

6-9-2 縦書き

 「横書き」 から 「縦書き」 へ 変更する場合
 ツールバーから
 [標準]ツールバーの [文字列の方向]  アイコンを クリック
 メニューバーから
 1.[ファイル]→[ページ設定]
 2.[ドキュメントグリッド]タブ
 3.[文字の方向]欄で [縦」にチェックを入れる
 4.[OK]クリック
 

6-8 表の作成 3

6-8-7 罫線の変更・削除

 罫線の箇所を変更する
 罫線を引く箇所を変更するには 罫線を変更するセルや行・列を選択してから操作する
 1.変更したい表やセル 行 列を 選択する
 2.[罫線]ツールバーの[罫線]アイコンの右の▼をクリック
  
  設定したい罫線のパターンを選択する

 罫線の太さを変更する
 罫線の太さを変更するには まず罫線を変更するセルや行 列を選択してから操作する
 1.変更したい罫線が囲んでいるセルを選択する
 2.[罫線]ツールバーの[罫線の太さ]をクリック
  罫線の太さが 表示されるので 設定したい太さを選択(クリック)
  
 3.太さを変更する箇所を 選択する
  

 罫線の種類を変える
 1.変更したい罫線が 囲んでいるセルを選択する
 2.[罫線]ツールバーの[罫線の種類]を クリックする
 3.罫線の種類が 表示されるので 設定したい種類を選択(クリック)する
  
 4.罫線の種類を変更する箇所を 選択する
  

 罫線を追加する
 1.[罫線]ツールバーの[罫線を引く]  アイコンを クリックする
 2.マウスカーソルが鉛筆の形  に変化するので 罫線を追加したい箇所でドラッグする
 3.ドラッグした後が 点線で表示されるので 確認し マウスのボタンを離す
  


 罫線を削除する
 1.[罫線]ツールバーの[罫線削除]  アイコンをクリックする
 2.マウスカーソルが消しゴムの形  に変化するので 削除したい罫線をドラッグする
 3.ドラッグした罫線が 太い線になるので 削除する箇所までドラッグし マウスのボタンを離す
   

6-8 表の作成 2

6-8-4 行列の追加

 ツールバーから
 1. 行・列を 追加したい隣の行・列を選択する
 2. [罫線]ツールバーの右にある▼をクリック
   
 3. 必要な項目を選択する

 メニューバーから
 1. 行・列を 追加したい隣の行・列を選択する
 2.[罫線]→[挿入]
  
 3. 必要な項目を選択する
6-8-5 文字の入力

表に文字を入力するには 文字を入力したい表のセルをクリックする
すると
カーソルが セルの中で 点滅するようになるので 文字を入力出来る

6-8-6 サイズの調整

セルや 列の幅 行の高さ 表全体の大きさを 調整するには

 表全体の大きさを調整する
  表にカーソルを合わせると 右下に表示されるマークがある
  そのマークを ドラッグすると 全体の大きさが変更できる
  
 列幅を調整する
  マウスで
  1.列の罫線の上にマウスカーソルを合わせる
  2.マウスカーソルの形が   に 変わるので 左右に ドラッグする


  メニューバーから
  1.幅を変えたい列のセルをクリック
  2.マウスカーソルが中に入ったことを確認し [罫線]→[プロパティ]を選択
  
  3.[表のプロパティ]画面 [列]タブ
   幅を指定するの数値を入力し [OK]クリック

  

6-8 表の作成

6-8-1 表とは?

いくつかのマス(=セル)で 出来ている
 ・ 横に並んだセルを 「行」という
 ・ 縦に並んだセルを 「列」という
 ・ それぞれの境目の線を 「罫線」という

6-8-2 [罫線]ツールバー

表に関する機能が 納められている[罫線]ツールバー

 [罫線]ツールバーの表示方法
 [表示]→[ツールバー]→[罫線]



6-8-3 表の挿入

 ツールバーから
 1.表を挿入したい箇所にカーソルを置く
 2.[標準]ツールバーの[表の挿入]  アイコンをクリック
  必要な行・列までマウスを ドラッグし クリックする


 メニューバーから
 1.表を挿入したい箇所にカーソルを置く
 2.[罫線]→[挿入]→[表]
 3. [表の挿入]画面が表示される 列と行の数を設定し [OK]クリック
 

6-7-5 図形に文字列を追加する

図形に 文章を追加することが出来ます
例えば マンガの吹き出しのような図形を使用できる
もちろん それ以外の図形にも可能

 1. 文字列を追加したい図形を 右クリック
 2. [テキストの追加]を 選択

 3. 文字列を入力する
 

6-7-4 図形の色を変える

図形の輪郭線や内部の面の塗りつぶしの色を変更できる
操作方法は
 1. 図形を右クリックし [オブジェクトの書式設定]

 または 図形を選択しておいて ダブルクリック
 2. [オブジェクトの書式設定]画面で [色と線]タブの「塗りつぶし」や「線」で 設定


一例