FC2ブログ

ショートカット キー

Spreadsheets ヘルプから
 ショートカット キー リスト

 202002290008.png

 セルの編集

 202002290009.png
 データを検索する               Ctrl + F
 データを置換する                Ctrl + H
 操作を元に戻す                Ctrl + Z
 元に戻した操作をやり直す         Ctrl + Y
 セル内の編集がオフになっている場合、挿入ポイントを数式バーに移動する F2
 選択したセル範囲に、アクティブ セルと同じ値を入力する Ctrl+Enter
 セル内で改行する                Alt + Enter
 編集状態に入る。セルの内容を編集する  BackSpace
 現在の日付を入力する             Ctrl + ; (セミコロン)
 現在の時刻を入力する             Ctrl + Shift + ; (セミコロン)
 可視セルのみを選択する            Alt + ; (セミコロン)


※ 「セル内で改行する」 が、[Alt] + [Enter] で、出来ないケースがある
  しかし、確認してみると
  キーボードの[Alt]キーを変更するだけで、出来るケースが多い
  キーボードには、2か所[Alt]キーがあるものがある
  左側の[Alt]キーで、ダメだった場合 右側の[Alt]キーで、確認してみてください


 セルをジャンプする

 202002290010.png

 左に1単語移動する          Ctrl + ←
 右に 1 単語移動する         Ctrl + →
 入力項目の先頭に移動する     Home
 シートの先頭に移動する       Ctrl + Home
 データが入力されている範囲の右下隅のセルに移動する Ctrl + End
  (A1 などのシートの先頭のセルに対する反対側のセル)


 選択範囲を変更する

 202002290011.png

 上、下、左、または右のセルに移動する 方向キー
 選択範囲を上、下、左、または右に拡張する       Shift + 方向キー
 アクティブ セルと同じ行や列にあるデータが入力されている
 セルまで選択範囲を拡張する                Ctrl + Shift + 方向キー
 選択範囲を行の先頭まで拡張する             Shift + Home
 選択範囲をワークシートの先頭のセルまで拡張する   Ctrl + Shift + Home
 選択範囲をデータが入力されている範囲の
 右下隅のセルまで拡張する                 Ctrl + Shift + End
 シート全体を選択する                     Ctrl + A
 セル範囲を選択する                      マウスで選択
 いくつかのセル範囲を選択する                Ctrl + マウス
 アクティブ セルとクリックしたセルの間の範囲を選択する Shift + マウス
 選択範囲内で左から右に移動する。
 選択されたセルが1列のみにある場合は、下に移動する  Tab
 選択範囲内で右から左に移動する。
 選択されたセルが1列のみにある場合は、上に移動する  Shift + Tab
 選択範囲内で上から下に移動する               Enter
 選択範囲内で上から下に移動する               Shift + Enter
 1 画面下にスクロールする                    PageDown
 1 画面上にスクロールする                    PageUp
 選択範囲を 1 画面下まで拡張する               Shift + PageDown
 選択範囲を 1 画面上まで拡張する               Shift + PageUp


あくまでも
Spreadsheets ヘルプに書かれていたことです
  202002290012.png

 現在このショートカットが、実際に使えるかどうか
 保証できません

 というか、使えないショートカットもあるようです


 参 考

 Excel for Windows のショートカット キー

Ctrl キーを使用するショートカット キー
202002291001.png


ファンクション キー

S194.png


 
スポンサーサイト



絵文字や顔文字

Windows10 で

絵文字や顔文字、
各種記号を 簡単に入力する  一つの方法


キーボードの

202001303013.png  キー と 202001303014.png キー  同時押しで

 
絵文字パネルが表示される

   202001303015.png
   202001303016.png
   202001303017.png


残念ながら、
Writer では、絵文字が使えませんでした
_| ̄|○ ガクッ


🥗🍠🍜🦪🦪🏎☮👕👨‍🦳😀😊☺🙄🥱👩🧓👱‍♀️
🤶🎈🎋🎗🖼🥼🍕🧇🥗🍠🍜🚗🚒🦼🚈🚟❤💔
💟
ヾ(≧▽≦*)o φ(* ̄0 ̄) q(≧▽≦q) ψ(`∇´)ψ
ヾ(•ω•`)o \( ̄︶ ̄*\)) (*  ̄3)(ε ̄ *)
௹ ₥ ₠ ﷼ Ç

 

コメントをいただきました が

コメントで、以下のようなものをいただきました

自分では解りませんでした

人より預かったデータ編集して印刷出来ました
その後 
印刷しようと思ったのに出来ない
といいますか、
ファイル開くぐらいしか
できなくなりました
(各アイコンがクリック出来ない状態です)
編集前のファイルは
アイコンクリックできて 作業の制限はありません

いろいろ調べましたが
載ってなかったので
こちらでお聞きします

宜しくお願い致します
残念ながら
わたしには、どうすることもできません


今後の注意として
預かったデータを 編集する場合
  元のデータは、そのままの状態で、残すこと


 編集する場合は、コピーを作成し 別の名前で保存する

こうすれば、データが2つあるので
一方が、ダメになっても
預かったデータは、元のままなので大丈夫

この方のコメントを読んでも
状況が、わかりません
Windows のバージョンもわからない
使用しているアプリが、
Spreadsheets なのか Writer なのか
「データを 編集して」とは?
何をどうしたのか?
また
これらの情報がわかっても
そのファイルだけの
特別の現象かもしれません
私には、答えようがありません

元データの持ち主に
正直に、状況を説明して
対処することを お勧めいたします
 

WPS Office の 令和表示

ちょっと 気になって
WPS Spreadsheets で、確認してみた

最初、2019/05/05 と 入力
和暦にしてみた
すると、平成31年5月5日 と 表示された

そこで、WPS Office の ホームページ へ 行き
  201905051002.png
  体験版ダウンロード」 を クリック
  インストールしてみた

  ※ 元の WPS Office に、シリアル番号を入れて、認証してあれば
    そのまま、実用版に なります


バージョン情報  10.8.2.6709

  201905051005.png

  起動し、=TODAY() と、入力
  確認

  201905051001.png

  201905051003.png

  201905051004.png
  ユーザー設定は、Microsoft Excel と 同じ
  [$-411]ggge"年"m"月"d"日"

こちらも 「令和1年」 と 表示されるので
  「令和元年」表示に
    変更する 「ユーザー設定」


[>43830]ggge"年"m"月"d"日";[>43585]"令和元年"m"月"d"日";ggge"年"m"月"d"日"

上記の文字列を 「種類」欄へ、貼り付ける

  201905051007.png

先ほどコピーした文字列は
 [>43830]ggge"年"m"月"d"日";
  43830=2019/12/31 なので、
  2019/12/31 より 大きい場合
  つまり、来年以降は、普通に「和暦」
 [>43585]"令和元年"m"月"d"日";
  43585=2019/4/30 なので、
  2019/4/30 より 大きい場合
  つまり 5/1 以降は、「令和元年」
 ggge"年"m"月"d"日"
  それ以外
  つまり 4/30 以前は、「和暦」

201905051008.png

  201905051009.png
 

コメントに...

2016/ 05/ 30 月曜日に
増田浩志さんから
以下のような質問がありました

「挿入」→「図」→「スキャナー」で入力」出来ませんか?
  →その後「透明な色に設定」出来るように
  →文書に重ね表示が出来るようにお願いいたします
以上


KingsoftOffice 2016 (10.8.0.5416) の場合
Writer には、[挿入]タブ 「図 ▼」→「スキャナから」がありますが
Spreadsheets には、その機能はありません

※ 当然ですが、そのパソコンに
  スキャナまたはスキャナ機能付きプリンタが接続されていなければ使えません

  201605310001.png

次に 「透明な色に設定」ですが、
この機能ははっきり言って性能が良くありません
画像にもよるのですが
透明に設定したい色が、ほんの少しでも違うと透明にならないので
単純な画像以外有効な機能とは思えません


単純な色の画像の場合
201605310002.png

[図形ツール]タブ 「透明な色に設定」をクリック

   201605310003.png

すると、マウスポインタの形が以下のように変化します

   201605310005.png

この状態で、透明にしたい色の部分をクリックします
 ※ 今回はわかりやすい例の為
    輪郭と内部の2色しかありません
 内部の色の部分をクリックします

   201605310006.png

結果

   201605310007.png

内部の色がすべて同一なので、すべて透明になりました

しかし、実際にはスキャナで撮った写真などの画像の場合
全く同じ色は、極端に少ないものです

例:花の画像

   201605310008.png

葉っぱの緑色の部分をクリックする

   201605310009.png

以下のような想像できない部分だけが透明になる

   201605310010.png

もう一度クリックすると 別の箇所が同様な結果になるだけです

画像の編集は、画像用のソフトで行う方が良いと思います